会社トップの意識を変えることが大事。

工事保険の契約などは、経営者にしてみれば雑用の1つ程度にしか捉えていない人がいます。それ故に社内での人材も育ちません。この時代、意識を変える必要があります。

知っ得!AIUの建設工事保険知識のメインimage

会社トップの意識を変えることが大事。

建設工事時保険に限りませんが、保険商品の多くには注意事項が本文の下に小さな字で書かれています。

実は本文よりも注意事項や補足説明のほうが大事だったりします。

どんな職業のプロでも、キャリアのある人間なら本文ではなくスペックを読んで商品の内容を把握します。

本文にはあまり目を通さないのです。

建設工事時保険のような保険商品はそうでもありませんが、商品カタログやリーフレットの文章は美辞麗句で飾られていて、本音のところは隠されているケースがほとんどです。

自分のところの商品を販売するのに、都合の悪いことを述べてセールスする担当者がどこにいるでしょうか。

少しねじ曲がった見方ですが、工事保険に限らず保険商品は、裏側や斜めから見てちょうど良いのです。

保険会社の担当者にしても、細かく質問され納得してもらったほうが実際のところはうれしいのです。

建設工事時保険のプロではありますが、実際は建設工事時保険に精通した人間というのは保険業界にも数少ないと聞いています。

内容が専門的で難解だからです。

施工者、建設会社のプロとしていまどきの工事現場の進化した状態や高度化したあり様を教え、逆に建設工事時保険の担当者からは、保険の特約や注意事項の文言について詳しく教えてもらうなど、お互いに切磋琢磨できる関係を築くのが理想的です。

会社の経営者は責任者を決めてしまうと、保険や経理・税務などを雑用のように考えてしまう傾向にあります。

自分に関係すること以外はすべて雑用、そのような思考では建設工事時保険について自ら時間をとって勉強しようとか、担当者とじっくり時間をとって話し合おうという関係にはなれません。

建設現場での事故や賠償案件というのは、工事が高度化し人材が慢性的に不足している今日、いつ自分たち会社に降りかかってくるか、他人ごとでは済まされない状況にあります。

元請けであれ下請けであれ、まずは会社のトップから意識を変えていきましょう。

Copyright www.krajibkhao.com.All Rights Reserved.

当サイト(知っ得!AIUの建設工事保険知識)の記事・画像などの無断転用を禁止します。