オシャレじゃないけど真面目なAIUホームページ

建設工事時保険にちょっと興味があって、損害保険会社のホームページを何社か見てみたのですが、個人的にはAIUが親切で真摯な気がしました。

知っ得!AIUの建設工事保険知識のメインimage

オシャレじゃないけど真面目なAIUホームページ

建設工事時保険にちょっと興味があって、損害保険会社のホームページを何社か見てみたのですが、個人的にはAIUが親切で真摯な気がしました。

保険(会社)というと純粋にビジネスライクに選ぶというよりは、知り合いとの付き合いといったしがらみで選ぶ傾向が強いものなので、AIUのことを知っても我社とは関係ないと感じる方もいるかもしれませんが、建設工事保険の「骨格」は共通でしょう。

AIUの方には失礼ですが、ホームページのデザインや機能に目立って優れたところはありません。

昨今の流行りのレスポンシブで比較的ゆったりした画面構成というわけでもないので、他社の方が読みやすい=分かりやすい(分かった気がする)という意見かもしれません。

良い所は「補償内容」のページで「支払いの対象となる損害」と「支払いの対象にならない主な損害」について表で並記してあることです。

大多数は「支払いの対象となる損害」に大きなページをさいて文章とイラストで視覚的にアピールしています。

対象外の損害については「ご注意下さい」のような感じで、別なページやあるいは対象となる損害例の下にズラズラ、ビッシリ=ネットでは99%読み飛ばす!だろう的なデザインで記載されています。

ですから、ザーと建設工事保険の商品概要について読んだ場合、誤解が生じる可能性が大だと思います。

耳に心地よいことは拡大解釈しがちです。

その点AIUだと、保険金が支払われないケースが目に飛び込んでこざるを得ない画面構成になっていて「おっ、これは対象外なんだ。」

と気が引かれ、詳しく読んでみないとダメだという気になります。

前述の通り、凝ったデザインだからではなく、真摯に商品を知ってもらいたいから!という印象です。

AIUホームページではe約款というボタンが目立つところにあって、PDF形式の約款にすぐアクセスできる点も利用者/契約者にとってはありがたいことだと思います。

PDFだと検索ができますから便利ですよね。

参考資料=>[http://112.78.213.22/pdf/houjin/aiu_B36-111.pdf

ただ全保険商品ではない?ようで、それがちょっと残念ではあります。

Copyright www.krajibkhao.com.All Rights Reserved.

当サイト(知っ得!AIUの建設工事保険知識)の記事・画像などの無断転用を禁止します。